蓮馨寺(れんけいじ)

西武新宿線「本川越駅」より徒歩約5分   東武東上線「川越市駅」より徒歩約9分  

■宗派 浄土宗
■所在地 埼玉県川越市連雀町7-1
■価格・料金171万円 〜

セット内容は下記すべてが含まれています。

  • 永代使用料
  • 墓石工事代
  • 基礎工事
  • 墓石代
  • 彫刻料
  • 消費税
お墓の見学予約

蓮馨寺とは

 蓮馨寺は、天文18年(1549年)、時の川越城主大導寺駿河守政繁が、母の蓮馨尼を追福するために蓮馨尼の甥にあたる「感誉存貞上人(かんよぞんていしょうにん)」を招いて開山した浄土宗の寺である。

 慶長7年(1602年)浄土宗関東十八檀林(だんりん)の制が設けられると、この寺も江戸幕府よりその一つに列せられて、葵の紋所が許され、檀林(僧侶の大学)として大変栄えた。

 境内にある「呑龍堂」には、民衆から慈悲の生仏として崇められた「呑龍上人」の像が安置されている。毎月8日は「呑龍デー」として各種出店や芸能が催され、川越名物の一つとなっている。

 呑龍堂前に安置されている「おびんずる様」は、その体に触った手で自分の体を撫でれば、病気が治り、頭も良くなれば、節々も軽くなるという「おびんずる様の霊験」が今も尚、深く信仰されている。大勢の人に撫でられる「おびんずる様」は、二十五年に一度塗り替えをしている。

墓苑写真

広々とした山門
広々とした山門
蓮馨寺講堂
蓮馨寺講堂

アクセス

<電車>

西武新宿線「本川越駅」より中央通りを北へ徒歩約5分

東武東上線「川越市駅」より徒歩約9分

<バス>

JR川越線・東武東上線「川越駅」東口1番乗り場より

東武バス 川越01「神明町車庫」方面行きに乗車

「蓮馨寺前」下車目の前(所要約5分)

<お車>

<地図>

お墓の見学予約
ホームに戻る   このページのトップに戻る

 

ここへ広告を出しませんか? 東京典禮株式会社

お墓・墓苑のことならタイキグループにお任せ下さい。

 
 
 
タイキグループ 株式会社タイキプランニング|株式会社タイキ|株式会社タイキ静岡|株式会社タイキ名古屋|株式会社さつき
株式会社大樹環境工事|有限会社トーセキ|有限会社アドテイク
  <提携墓石販売会社> 株式会社豊陵|株式会社内田石材

神奈川ショップ検索サイト お寺とお葬式の相談所 寺院ソフト天空21