お墓のことを考えてみる

墓地・墓苑選びのパートナー「タイキグループ 」 お問い合わせ 0120-611-508
お墓を探す お墓を建てたいけど お墓についてもっと知りたい ホームに戻る
   
お墓を建てたいけど・・・

,泙生亀い世韻匹修蹐修蹐墓のことを考えてみようかな


Q.どこに建てればいいの?

A. 場所選びのポイントは、2点。
>> 墓地の種類はどんなところが自分に合っているのか
>> お墓までの交通手段は確保されているか

>> 墓地の種類は大きく分けて ●寺院墓地 ●公営墓地 ●民営墓地 の 3タイプがあります。

●寺院墓地
お寺の境内、または境内とは別の管理地にあり、基本的にはそのお寺の宗派の信徒(檀家)になることを前提とします。
永代使用料や管理費等は、地域やお寺によってさまざまですので、必ず確認するようにしましょう。
メリット
  • 家の近くのお寺であれば、いつでもすぐにお参りに行ける。
  • いざという時に法事や法要をお寺にお任せすることができる。
  • 毎日の手厚い供養がある。
  • 個人で抱える悩みをご住職に相談したり、一緒に地域活動に参加したりと、アットホームな寺院が増えている。
  • 永続的な心の安らぎを求められる身近な場所である。

    注意・問題点
  • 跡継ぎがいない場合は、確認が必要。
  • 宗旨・宗派が違うけれど・・・
  • 先祖代々からの檀家が多く、新たにお墓を持つのは難しいのでは。
  • お付き合いが心配。
  • 墓石の形に制限がある。

     

    ●公営墓地
    都道府県や市町村などの自治体が管理運営する墓地です。
    一般的に、その地域に住んでいることや、遺骨があることなどを条件とします。
    メリット
  • 民営墓地や寺院墓地よりも比較的永代使用料や管理費が安い。
  • 宗教の制限がなく、永続性も保証されている。
  • 石材店が指定されていないので、納得のいく石材店を探して工事を依頼することができる。

    注意・問題点
  • 空きが無く、無縁墓や改葬した跡地を抽選で募集することが多いため、高倍率でなかなか取得することができない。
  • ひとつひとつの区画が大きい所が多く、その分墓石工事代金が高額になってしまう。

     


     

    ●民営墓地
    財団法人または宗教法人が事業主体になって運営している霊園墓地です。
    複数の石材店による共同開発も多く、お墓を建てる際にはその指定店の中から選んで工事を依頼することになります。

    メリット
  • 広く開放的で、きれいに整備された、公園のような霊園墓地が増えている。
  • 宗教、資格、条件の制限を持たない場合がほとんどである。
  • 墓石の形を自由に選べる。

    注意・問題点
  • 永代使用料や管理費が、他の墓地形態と比べて多少割高である。
  • 永続性の保証がないので、その点には要注意。
  • 広大な敷地に多数の区画を持つ場合、広すぎて自分のお墓にたどり着くのに迷ってしまうということもしばしば。
  • お墓参りの時期には混雑が予想されるため、駐車場や周辺の道路状況なども考慮すること。

    >> 交通手段は、墓地の種類の選択とも関連してきます。
    お墓を建てるということは、手を合わせる場所を持つということでもあります。
    うれしい時、つらい時、すぐに喜びや悲しみの報告に墓参できる、これが近くにお墓を持つ何よりの利点です。
    自宅からの距離や移動手段、所要時間などをご確認の上、ご検討下さい。
     
    寺院墓地の場合は、歩きや自転車で行けるお住まいの近くや、お墓を継いでくれる方の近く、あるいは思い入れの深いお寺などより選択することができます。
     
    公営墓地は、希望地の募集が出ているかを確認する必要があります。
    募集要項につきましては、各自治体に直接お問い合わせ下さい。
     
    民営墓地は、広い敷地を持つこともあり郊外に位置することが多いので、自宅からの交通の便に加え、渋滞などの道路状況や駐車場の位置、墓地内の移動手段も
    調べておく必要があります。

    このページのトップに戻る 
    いつ建てればいいの?

    A. お墓を建てる時期に特別な決まりはありません。
    必要だと思ったときが、ちょうどよい時期といえます。

    >> 生前建墓について

  • 生前建墓とは
  • 生きているうちにお墓を建てることを「生前建墓(せいぜんけんぼ)」や「寿陵(じゅりょう)」といいます。日本にお墓を建てる風習を運んできた中国では、「寿陵」の起源とされる秦の始皇帝陵が建てられた頃より、健康や長生きの意味が込められているといわれ、縁起が良いものとされています。

  • 時代にあった方法のひとつ
  • 「生きているうちにお墓を建てると早死にする」「縁起が悪い」という噂も聞かれます。
    しかし、「人生のやすらぎの場」であるお墓にまで、用地不足が及んでいる昨今の土地事情や、いざという時に慌てないため、また残された家族に苦労をかけないよう、今のうちに自分のお墓を確保しておくことは決して悪いことではありません。

    ※公営墓地では、遺骨を持っていることを条件と定め、生前にお墓を建てることができない場合があります。

  • 税金対策として
  • 墓地には、不動産取得税や固定資産税がかかりません。
    また、相続税の対象にもなりませんので、生前にお墓を持つことは、遺族にとって節税に有利といえます。


    財産3000万円の中から、生前建墓の費用が200万円かかったとします。
    この人が亡くなった場合の相続税は残り2800万円に対して課税されます。
    これに対し亡くなってからお墓を建てる場合、相続税は3000万円に対して
    課税され、建墓費用を控除することはできません。

  • 生前建墓をおすすめする理由
  • ●場所、デザインなど自分のお墓を自分で決められる
    ●健康なうちだからこそ、時間をかけてゆっくり検討できる
    ●土地不足、価格の高騰でますます入手困難になってしまう前に
    ●子供に負担をかけないために
    ●相続税などがかからないので、税金対策として
    このページのトップに戻る 
    Q.どうやって探せばいいの?

    A. たまたま目にした広告や通りがかりに見つけた看板、ご親戚・ご友人の紹介など、いろいろなきっかけがありますが、急いでいる場合もそうでない方にとっても、大変便利な方法がインターネットによる検索です。
    複数のお墓を比較検討し、気になる所があれば実際に現地に足を運んでお確かめ下さい。
    地域、沿線、宗派から検索できます。
    墓苑を探す
    このページのトップに戻る 
    Q.費用はどのくらいかかるの?

    A. お墓を建てるための総費用は、寺院墓地・公営墓地・民営墓地のうち、どこにお墓を建てるのかによって異なり、お墓の大きさや墓石の種類、デザインや彫刻などが確定して、はじめて決まります。
    お墓建立にかかる費用の内訳は表のとおりです。
    費 用 内 容 金額のめやす 支払先
    永代使用料 お墓として使用する土地の権利料で、はじめに一度だけ納めていただきます。 1屬△燭10数万円から300万円
    くらいまで
    墓地管理者
    墓石工事代 区画の整地から、墓石そのものの代金、墓石の加工や彫刻、設置にかかる費用です。 ※消費税がかかります。 100万円を切るものから1,000万円以上するものまでさまざまですが、およそ200万円前後が平均のようです。 石材店
    管 理 費 墓地内共有スペース等の維持管理にかかる費用で、通常一年ごとに納めます。 年間3,000円から15,000円程度 墓地管理者
    ホームに戻る   このページのトップに戻る