祇園寺(ぎおんじ)

JR常磐線「偕楽園駅」より徒歩23分  

■宗派 曹洞宗
■所在地 茨城県水戸市八幡町11-69
■価格・料金100万円 〜

セット内容は下記すべてが含まれています。

  • 永代使用料
  • 墓石工事代
  • 基礎工事
  • 墓石代
  • 彫刻料
  • 消費税
お墓の見学予約

祇園寺とは

 壽昌山祇園寺は、中国の明末清初の時代・17世紀後半、日本へ渡来した東皐心越禅師を開祖(宗派・寺院の創始者)とし、水戸徳川家二代藩主光圀公の創建になる禅林(禅宗の寺院)です。

 心越禅師は、明の崇禎12年(1639年)中国の浙江省金華府浦江県に生まれ、8歳で出家し、33歳で杭州西湖永福寺の住職となりました。39歳の時来日。長崎より京都・大阪を巡錫し大いに禅風を挙用したため、異派僧の讒言にあい、幽閉させられます。

 そのことを聞いた光圀公は、禅師を水戸の地に迎え入れました。元禄5年(1692年)禅宗壽昌派の総本山として、普山祝国開堂の盛儀を光圀公親臨のもと挙行いたします。元禄8年(1695年)に心越禅師が示寂された後、祇園寺は幕府の公許を得て、総本山祇園寺と公称します。末寺三十有余を有する大寺になり、京都南禅寺と同格と心得べき台旨を受けました。爾来二十一代住職まで隆昌をみますが安政5年(1859年)不幸にして類焼にあい、堂宇をことごとく焼失しました。

 その後、明治の変革期を経て、日本曹洞宗の所轄に入り、堂宇も再建され、心越禅師の古風を慕う禅の一大道場としての昔日の威容を取り戻しています。

墓苑写真

山門
山門
寺務所
寺務所

アクセス

<電車>

JR常磐線「偕楽園駅」より徒歩23分(約1800m)

<バス>

JR常磐線「水戸駅」北口茨城交通7番乗車

「茨城高校入口」下車徒歩2分

<お車>

【JR水戸駅より】

国道50号線(黄門さん通り)を水戸I.C方面へ。「大工町」の交差点を右折し、650m先の国道118号線「末広町」信号を左折。一つ目の信号「茨城高校入口」を右折した正面に位置します。

【茨城大学方面より】

国道123号線を水戸駅方面へ進む。末広町に入り、「茨城高校入口」の信号を左折した正面。(茨城大学より約2km先左側)

<地図>

お墓の見学予約
ホームに戻る   このページのトップに戻る

 

ここへ広告を出しませんか? 東京典禮株式会社

お墓・墓苑のことならタイキグループにお任せ下さい。

 
 
 
タイキグループ 株式会社タイキプランニング|株式会社タイキ|株式会社タイキ静岡|株式会社タイキ名古屋|株式会社さつき
株式会社大樹環境工事|有限会社トーセキ|有限会社アドテイク
  <提携墓石販売会社> 株式会社豊陵|株式会社内田石材

神奈川ショップ検索サイト お寺とお葬式の相談所 寺院ソフト天空21